TOP > カーライフ > カーライフ商品
カーケア商品
当店のオイル交換には以下のサービスが含まれます
お客様の車や走行環境に合わせたベストマッチのオイルをご提案します。
オイル漏れを防止するため、ドレンガスケットを無料で交換します。
オイル交換を上抜き、下抜きのいずれかをお選びいただけます。
ドレンボルトや、フィルター交換など適切な工具を使って作業します。
安全に走行いただくため、エンジンルーム内、タイヤ、ワイパー、下回りを無料で点検します。
交換時の走行距離と次回交換距離をステッカーで掲示し、交換時期をしっかり管理します。
お客様の大切なお車を汚さないため、シートカバーなどを使い作業いたします。
フェンダーカバーをかけてオイル交換作業をしますので、ボディにキズをつけません。
オイルの交換方法

上抜き・下抜き、いずれかの方法でオイルを抜き取ります。

■上抜き

オイルチェンジャーのノズルをレベルゲージ差し込み口に差し込む。   ノズルの差し込みを調整し、オイルが全量抜けるようにする。   チェンジャーを作動させて、オイルを抜き取る。   古いオイルが抜き取られます。

■下抜き

お車をリフトアップし、廃油受けをオイルパンの下にセットする。   ドレンボルトをメガネレンチで緩め、オイルが飛び散らないように古いオイルを抜き取る。   ドレンガスケットを交換。   トルクレンチを使い、ドレンボルトを締め付け、リフトを下げる。
あなたの車にベストマッチのオイルは?

■ENEOS ガソリン車用 <SUSTINAシリーズ>

時代を見据えさらに充実した

省燃費性能・最大2%向上!
エンジン清浄性能・持続力2倍!
省燃費性能・持続力2倍!

sustina
finemotoroil

■ENEOS ディーゼル車用 <DIESEL OIL>

オイル新ラインナップ

5w30
10w30
oilでeco
ATFとその働き

ATFとはAT(オートマチック・トランスミッション)の内部に使われている液体(フルード)です。

図のようにATFはATの動き全般を受け持ちます。
ATFはATの作動そのものに加えて、AT各部の潤滑や、冷却などの役割もしています。

ATFの役割

■ATの構造とATFの働き
ATの内部ではATFというオイルが循環して、複雑なギアチェンジを行いエンジンの動力をタイヤに伝達しています。

ATFの役割
エコATフルード
エコATフルードと一般のATFとの燃費の違い
エコATフルードは国内ほとんど全てのAT車にお使い頂けます

■AT/CVT車にお乗りのお客様へ

一般AT車および「スリップロックアップ方式」AT車に

エコATフルード

快適な走りと省燃費性能を両立させた新世代省燃費型ATF
※燃費最大2%UP

エコATフルード
トロイダル式CVT搭載車を除く、金属ベルト式CVT搭載車に

CVTフルード

金属ベルト式CVT搭載車の全車種に適合するCVTF

CVTフルード

※ENEOSオイルシリーズ…詳しくはENEOSホームページへ

オイルフィルターとは

オイルフィルターとは、エンジンオイルの中に混入した不純物(金属摩耗粉、カーボンなど)をろ過するフィルターです。

オイルフィルターの汚れ使い続けていると不純物が蓄積して目詰まりするため、定期的な交換が必要です。
汚れたままのフィルターだと、エンジンオイルはろ過されずにエンジンを循環し、性能が低下していきます。
ENEOSオイルフィルター
フラッシングとは

フラッシングとはエンジンオイルを交換する際に、エンジン内部を洗浄する作業です。
新しいエンジンオイルの性能をフル発揮させるためにも、オイル交換の際にはフラッシングをおすすめします!

オイルを抜き取っても、エンジンの内部にはまだ汚れたオイルやスラッジが残っています。
そこで、フラッシング用のオイルでエンジンの「うがい」をするわけです。
エンジンの中が綺麗になり、エンジンオイルの性能をフルに発揮させることができます。

ユーシードのタイヤメニュー(価格表・チラシ)

ブリジストンタイヤアドバイザーが多数在籍しています

 

エンジンがきれいになる環境ハイオクです。全店で取り扱っています。